薬物治療のメリット

症状緩和の期待ができる

うつ病に使用されている抗うつ剤は、つらい症状の改善に期待できます。
うつ病は、モノアミン類やノルアドレナリン、セロトニンなどが低下することで発生してしまうと言われています。
抗うつ剤は、低下している脳内のモノアミンを増やしてくれる作用を持っているため、症状緩和が可能となります。
うつ病は、症状緩和ができるのかできないのかで、治療がどのくらい必要になるのかが大きく変わってきます。
いち早く完治するためにも、症状緩和の可能性を持っている抗うつ剤の使用が大事な治療の一つです。
ただ、抗うつ剤はその人によって副作用が強く出てしまう場合がありますので、医師と相談しつつ自分に合っている量で治療を進めていくようにしましょう。

症状の安定で仕事が可能に

抗うつ剤は症状緩和に期待できるだけでなく、症状を安定させることも期待できます。
症状が安定することで可能になるのが、仕事です。
うつ病の症状が比較的軽くても安定していないと、仕事に影響してくる可能性が高まってしまいます。
十分な仕事ができない状態だと、他の人に迷惑をかけてしまう可能性がありますし、さらにストレスが溜まり症状悪化する可能性があります。
投薬治療で症状を安定させることで、仕事に与える影響を減らすことが可能になりますし、ストレスの影響も受けにくくなります。
うつ病になったからといって生活のために仕事を休めない人もいますので、投薬治療はうつ病で苦しんでいる人にとって欠かせない治療方法の一つと言えます。