うつ病になってしまった時には患者自身だけではなく周囲の方々も不安でいっぱいであると思います。ではうつ病になったら一体どのような治療をおこなうのかというのは疑問であると思います。今回はそんなうつ病の治療について解説していきます。

薬物治療

薬物治療で使われる薬にはどういったものがあるのか

薬物治療のメリット

薬物治療のデメリットや副作用など

薬物治療の効果について

うつ病治療には様々な治療が行われますが、よく行われるのが薬物治療です。 うつ病治療の基本となるのが抗うつ薬になります。 うつ病状態になると脳の神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンなどが減少することがわかっていますが、抗うつ薬はこれらの減少を防ぐことによってうつ病を改善していきます。 具体的に使用される薬はセロトニンの量を増やすSSRI、セロトニンとノルアドレナリンの量を増やすSNRI、SSRIやSNRIとは異なる作用でセロトニンとノルアドレナリンの放出を促進させる作用があるもの、三環系・四環系の神経伝達物質の再取り込み阻害作用のある薬などが使われています。 症状によっては抗不安薬や睡眠導入薬などを使用されてます。状態によって用いられる薬は異なり、デメリットや副作用も異なってきます。

副作用とデメリットとは

抗うつ薬はうつ病に対して効果的な薬ではありますが、副作用やデメリットがあるこということを理解してから使用することが大切です。 SSRIの場合は、消化器症状として吐き気や嘔吐、便秘や下痢などが現れ、精神神経系の症状としてめまいやふらつき、眠気などが現れるなどとされています。消化器症状の場合は服用初期に現れることが多く、飲み続けていると2~3週間程度で症状が軽減される傾向にあります。 SNRIを服用した場合、消化器症状として吐き気や嘔吐、便秘、口渇などの症状が現れて、精神神経系症状としてめまいや眠気、頭痛、不付随運動などの症状が現れたり、循環器症状として動悸や頻脈、血圧上昇、泌尿器症状として排尿障害、尿閉などが現れます。 他にも、薬によってはめまいやふらつきなども起こることもあるため、体質に合わないと感じた場合には医師に相談することが大切です。

テーマ:うつ病治療→カテゴリ:精神療法

うつ病の治療には精神療法というものがあります。一概に精神療法といっても様々な種類があり患者さんによってその精神療法は様々です。医師や心理士によるカウンセリングであったり、リハビリテーションであったりと様々です。この精神療法についてお伝えしていこうと思います。

精神療法にはどのようなものがあるのか

うつ病等の心の病を治療する場合は、まず医師やカウンセラー等の専門家が、患者の話を否定せずにとにかく聴いて、患者が抱えている不安や悩み、苦しみをしるところから始まります。相手の話を否定せずにただ聴く…

Read detail »

精神療法の種類「認知療法」とは?

病気にも多くの種類がありますが、ストレス社会ということもあり精神面での不調を訴える人も増えています。気分の落ち込みや不安を感じることは誰にでも起こり得ることですが、健康な人であれば短期間に回復でき…

Read detail »

精神療法の種類「対人関係療法」とは?

うつ病を改善するための治療方法は様々なものがありますが、その一つが「対人関係療法」になります。対人関係療法とは、非機能的な自動思考や行動パターンを病気の症状として「対人関係と感情・症状は相互作用で…

Read detail »

TMSについて関心があるなら

TMSとは、磁気治療の種類です。うつ病など精神的な症状に用いられており、メンタルクリニックなどの医療機関で治療を受けられます。